いつも皆様方から暖かいご支援、ご声援を賜り、篤く御礼申し上げます。

去年は恩師、アンナ・シュタードゥラー先生の三回忌の年でした。奇しくもその年に、生涯の伴侶を得る幸運を戴き、シュタードゥラー先生からのプレゼントの様にも想えました。

12月には、ミュンヘンの先生の墓前にて夫婦でご挨拶ができ、夫婦共々、二人三脚でピアノと空手の「共通の道」を誠心誠意歩んで行く事をお誓い致しました。人としても、夫としても、武道家としても尊敬できる、私には正しく棚から牡丹餅の様に勿体無い程の、人生のパートナーに巡り逢えた事を、先生はきっと大変喜んで下さっていると想います。

本年の1月には、夫の故郷であり、偶然にも祖母の故郷である岐阜で、挙式と披露宴を行い、優しい親戚、公私ともにお世話になってきた恩人、どこまでも変わらない友人や、永年支えて来て下さったファンの方々の心暖まる祝福を頂戴し、夫婦という「新たなエネルギーの源」を基盤に、これから増々精進してゆきたいと願っております。

幸運な事に、夫が行きついた、完全脱力の空手の「実践法」と、私がアンナ・シュタードゥラー先生から伝えて戴いた、やはり何の力も力みも入れない「ツィーグラー奏法」は全く同じで、しかも各々の分野での「道を求める心」、「道を求める理由」、「道の実践の仕方」、そして「道を求める考え」等が共通しており、「武道の道」と「音楽の道」が、私達にとっては一つであったのです。それに気付いた時、大きな喜びと驚きと新たな「やる気」が漲ってきたのです。

1月の披露宴の折、そして5月に後援会のお膳立てで催して戴いた「藤原由紀乃さんのご結婚を祝う会」では、私達夫婦の心根をお伝えしたく、「空手とピアノ・魂の共演」として、夫の型の演武に私のピアノの伴奏を、と新たなコラボレーションを皆様にご披露する事ができました。大変嬉しかったのは、空手関係者、音楽関係者、一般の方々、と皆様方に私達夫婦のメッセージが確かに届いた事です。私達にとっての結婚は、単に愛しあっているが故の当然の一歩だけに留まらず、空手とピアノの世界で二人三脚で皆様に喜びをお伝えし、ご恩返しをする為の「スタート」でもあるのです。

私個人としては、夫に出会った当初から、できるものならこの空手家から空手を習いたい・・・と思っており、まさかその素晴らしい空手家と夫婦になれる等と、夢にも想っていませんでした。この夢が現実となり、夫は育てて戴いた、新極真会岐阜支部を卒業し、東京の武蔵野市で自ら道場を今年の4月から開く事となった時、善は急げ!と、とにかく夫・・・ではなく、空手に関しては「杉原師範」にお願いし、4月から道場生にして戴きました。

えっ? ピアニストが空手??!?!?
楽器を奏でる手で、手を武器にする空手を習うなんて、何故?とお思いかも知れませんね。ご安心くださいませ、私は別に試合に出て戦おう等と言った、ピアニストの手には絶対良くない無茶など致しません。私の入門動機は、夫を知れば知る程私も知りたくなった「空手の精神世界」、「武道の精神世界」、なのです。

少女時代、小学校1年生の時の幼馴染みのお祖父さまから、日本で剣道を教えて戴いていた時期がありました。あの頃から「勝ち負けではなく、自らの心に打ち勝つ」事がメインの武道精神の世界に、深い感銘を受けていたのです。

これからは、空手の修行を通じて、武の精神の真髄に少しでも近づき、それを音楽の為の心の修行にも繁栄できたらどんなに幸せか。聴衆の皆様方に、少しでも深い音楽表現の世界を味わって戴けるような演奏を目指す為に挑み始めた、新たなる挑戦です。

誰にでもできる空手を教えて戴けるのですから、私はピアニストとして、主に基本練習や型等を通して多面的な自分磨きに励ませて頂きます。

もしかしたら、いずれ同じ道場生として、ファンの方や音楽家のお仲間と共に汗を流せる事になるかも知れませんね。それも楽しみな想像です。

音楽之友社出版のピアノ専門月刊誌「ムジカノーヴァ」7月号の「わたしのお気に入り」のコーナーに、なんと、私が始めたばかりの空手について、素敵な記事と、私の道着姿がカラー写真で載せて戴けました。偶然、このテーマになったのですが、想像以上にいろんな方々からの好意的な反応を戴き、あ、やはり日本人は、音楽家の中にも武道精神との繋がりが解る方々が多いのだわ、と思いました。

夫が最近、道場のホームページを開きました。時々ホームページに遊びに行ってやって下さいね。
NPO法人 全世界空手道連盟 新極真会 吉祥寺杉原道場

時折、私の「空手の修行」がどうなっているのか(???)を、このページでご報告させて頂きます。

待ちくたびれてしまわれる方々(藤原由紀乃はホームページの更新がかなり遅い?でも、頑張る時もある?いえいえ、確実に言える事は、そんな藤原由紀乃のホームページであっても、諦めずにアクセスして下さるファンの方々がいらっしゃる、と言う事です。感謝しております)は、夫のホームページにアクセスした方が、藤原由紀乃がバタバタと基本練習に励む勇姿?が発見できるかも知れません・・・。

            平成18年7月
            藤原由紀乃(日本ベアタ・ツィーグラー協会)

夫の空手仲間でもあり、奥様のフィアーナさん共々、画家として活躍しておられる石井浩一さんの、ご夫妻の作品がのった、待望のホームページができました。石井ご夫妻は、夫婦愛の鏡、憧れとも言える方々で、お人柄も素晴らしく、ああ、こうなりたい!と思わずにはいられないような、宝のようなご夫妻です。以前、民放テレビで放映された「人間ドキュメント」で石井夫妻の事がご記憶にのこっていらっしゃる方々も多いかと思います。人を思いやる、人を愛する、という事について学ぶ事が多くて、世の中には、このような人々がいる、という事実が、大きな希望をもたらしてくれる存在です。

石井浩一さん・フィアーナさんのホームページ

藤原由紀乃が奏でる魂の響き



プロフィールプロフィール
レパートリーリスト
ピアノ曲ソロピアノ曲ソロ
ピアノ協奏曲ピアノ協奏曲
室内楽室内楽
歌曲歌曲
演奏会のご案内演奏会のご案内
過去の演奏会過去の演奏会
CDのご紹介CDのご紹介
日本ベアタ・ツィーグラー協会日本ベアタ・ツィーグラー協会
アンナ・シュタードゥラー先生との思い出アンナ・シュタードゥラー先生との思い出
藤原由紀乃後援会藤原由紀乃後援会
ファンの広場ファンの広場
ひかりの海ひかりの海
ピアノと空手ピアノと空手
ウイちゃんのひとりごとウイちゃんのひとりごと
お問合せお問合せ