サントリーホール ショパンの夕べ(2003.12.6)

細田捷子(愛知県)


何と心に感動いっぱいの音でしょう。身体全体からにじみ出る品の良さ、何かすてきな香りがただよう様でした。次回も楽しみにしております。

下坂浩司(愛知県)


幻想曲ヘ短調は感動しました。強弱のきいたドラマチックな中に高音の美しい音色・・・、盛りたくさんな曲でした。ノクターンは曲に入り込むことができました。せつなさ、その中にも腹の底から強い想いを感じ、音楽の良さを改めて感じさせて頂きました。ピアノソナタ、第4楽章の盛り上がり、人間離れした指の動きは感動です。アンコール曲25ー11、最高、ブラボー!!今日の演奏、本当に有難とうございました。心のあるピアニスト、藤原由紀乃さんが一番です。

廣田尚久(東京都 藤原由紀乃後援会会員)


すばらしいリサイタルで、大満足です。とくに幻想曲は、次々に変化する表情と音色に、まるで光の洪水を見ているようでした。余すところなく表魂するということは、こういうことなのだと、いい勉強になりました。ありがとうございました。

山下直孝(神奈川県)


本日は久々に、藤原さんの演奏を聴かせて頂きました。長々と足を運べず、本当に申し訳ございませんでした。正直申し上げて、演奏会に行けなかったことを後悔しております。藤原さんの演奏を聴かせて頂くことで、心を、魂を、浄めてもらえることを忘れておりました。来年からは、友達を連れて参ります。よろしくお願いします。

市橋明美(栃木県)


ショパンの音楽を通して、先生がシュタードゥラー先生へのご恩返しをされている、お心が、痛いほどに伝えられ、胸がいっぱいでした。ホールで、シュタードゥラー先生が何より、お喜びになられて聴いていらっしゃったことと存じます。至福の時を本当にありがとうございました。

松岡啓子 (千葉県)


心を潤す美しい響き。私の大好きな光と水と緑が感じられ、とても心はずむひとときでした。ありがとうございます。また演奏をお聴きするのを楽しみにしています。

佐藤慎太郎 (福島県)


作品の可能性の限界は無い、と思いました。はてしなく空間が広がるという感じでしょうか。 感動しました。ありがとうございました。調律の勉強をしています。いつか藤原さんに弾いて頂く事を目指して頑張ります。

高浜仁美(東京都)


この曲(作品)は、「こんな曲だったんだ」と今まで気づくことのなかった精神の訴えを感じ、まるで新しい作品と出逢ったようでした。美しく、たましいの絶えることのない、何か永遠の叫びのようで・・・、いつまでも消えることがない・・・、そんな気がしています。誠にありがとうございました。幸せに思います。

武藤明美(東京都)


久しぶりに由紀乃さんにお会いできました。お元気そうで何よりでした!! はじめの音を聴いた瞬間、音がまっすぐにス?ッと胸の中に入ってきて、涙が出てきました。私も昔ピアノを習っていましたが、だからなおのこと、由紀乃さんの弾き方はどうしてもわかりません・・・、というのは、音に全く・・・世間で有名になってるピアニストは「自分我」が入るのですが、由紀乃さんはどんなにフォルテになっても常に音が・・・音の底辺がスーッと一定していて、我がない。そしてピアノを弾いているのだけれど、それは目に見える形、映像であって、音を通じてショパンや亡くなった先生や、諸霊と対話して、楽しんでいる様に見えるんです。介護の記事、読ませて頂きました。私も現在介護をしているので、由紀乃さんを人間としても尊敬というか、お知合いにならせて頂いて有り難い、不思議なご縁です。由紀乃さんの音は肩の力、全身がときほぐれてゆく、単なる世間一般で言われている「癒し」に留まらず、心をゆったりとときほぐして、温かいものを流して下さいます。新しいアルバムを、そろそろ出して下さい・・・。あと、祈りが深くなりましたね。頑張って下さい。お忙しいと思いますが・・・。

小黒範子(栃木県)


一つの音もおろそかにせずに、御自身が響きに耳を傾け、「心」を弾いている真剣な姿に感動しました。ピアノを学んでいる子供たちに、ピアノを通して人生のために学ぶべきものを今日の演奏で感じとってほしいと思いました。

神原尚美 (東京都)


音楽を介して奉仕なさっておられると感じ入りました。有難うございました。たくさん書きたいことがあるのに言葉になりません。素晴らしい由紀乃さんと、今日のプログラム、有難うございました。

村上裕己子(東京都)


本日も、すばらしい演奏を拝聴できまして嬉しく思っております。本物のピアノの音色を聴いて魂が浄化されていくように癒されました。有り難うございました。またの演奏を楽しみにしております。

井上智香子(尼崎市)


クラシックやピアノの曲は、わかりませんけれど、とても、親しみやすく、聞こえてきました。難しいものでもなく、近寄り難いものでもなく、いつでも、生活の中に、想い出して、楽しく日々を過ごしていけるように、生き生きとした姿が似合う、そんな気持ちにならせて頂きました。とても、素晴らしい演奏を聴かせて頂いて、ありがとうございました。

山田道子 (東京都)


知っている曲ですが、新しい作品、音楽、ひびきに聞こえるほどとても美しくすばらしいひとときでした。ありがとうございました。

戸谷いずみ (東京都)


1音1音に由紀乃さんの心がこもっているのが伝わりました。本当にとっても素敵で素晴らしいお人柄が感じられました。ありがとうございました。

目次に戻る目次に戻る

藤原由紀乃が奏でる魂の響き



プロフィールプロフィール
レパートリーリスト
ピアノ曲ソロピアノ曲ソロ
ピアノ協奏曲ピアノ協奏曲
室内楽室内楽
歌曲歌曲
演奏会のご案内演奏会のご案内
過去の演奏会過去の演奏会
CDのご紹介CDのご紹介
日本ベアタ・ツィーグラー協会日本ベアタ・ツィーグラー協会
アンナ・シュタードゥラー先生との思い出アンナ・シュタードゥラー先生との思い出
藤原由紀乃後援会藤原由紀乃後援会
ファンの広場ファンの広場
ひかりの海ひかりの海
ピアノと空手ピアノと空手
ウイちゃんのひとりごとウイちゃんのひとりごと
お問合せお問合せ